クセ確認モニター

〜作業者の負担を軽減するために〜

従来の両用機では、平刺し作業時に床の裁断位置を目視確認する際、作業者が前屈みの姿勢を強いられていました。
これでは膝や腰に対する負担が大きく、舞い上がった粉塵を吸引してしまうおそれもあります。
そんな作業者の負担を軽減するために開発されたのが「クセ確認モニター」です。


作業時の姿勢比較

●従来のクセ取り作業時の姿勢(弊社GS-3型を使用)
 クセ取りハンドルの位置も低く、ミシン左奥を目視確認するため、前屈み姿勢を強いられ腰や膝に負担がかかります。

●クセ取りモニター使用時の姿勢(弊社Pro☆1を使用)
 クセ取りハンドルの位置も20cm高く(当社比)、背筋を伸ばしたままクセ取り作業が行えますので、足腰への負担が軽減されます。

仕様

●7インチ液晶ディスプレイを採用
 画面サイズ 152 X 95 (mm)
 視野角 上下160度、左右120度
 画面の角度は身長に合わせて変えることができます。

●CMOSイメージセンサーを採用
 縁幅調整、前後進方向の表示位置の調整も簡単です。