天然素材で健康&さわやか 畳のくらし

   
真夏には涼しさを、厳寒の畳の部屋は保温力が強く一家だんらんの暖かさを感じ、
   
その感触は他の敷物では絶対に味わえません。
   
日ごろから通気、換気などに心掛けてください。尚、お手入れの方法などをご説明申し上げ
   
ますのでご活用賜りますようお願い申し上げます。
   
専門の研究によるとダニの発生率は、カーペット・布団より畳が比較的少ないとの事ですが
   
通気・換気に心掛けてください。
   


畳についてのQ&A と お手入れについて

Q.畳にカビが生えてしまったら
消毒用アルコールをスプレーするか、布に
浸みこませ拭き取ってください。
   
  
Q.家具の跡がついたら
凹んだ所に適度に霧吹きして、濡れタオルを
当てアイロンをかけてください。
   
  
Q.日焼けをすこし直したい
中性洗剤のうすめ液で固絞りの雑巾がけをしてから
酢を1%ぐらいまぜたぬるま湯で拭いてください。
   
  
Q.畳にダニが発生したら
掃除の回数を増やしたり、自然通気に心掛け
てください。事前に防虫シートを活用すると、
ダニの発生を抑えられます。
   
  
Q.焼けコゲをつくったら
タバコのように小さい場合は、オキシフルで漂白し
ろうをたらして穴をうめ、セロハンテープを貼って
コゲ穴を大きくしないようにしてください。
   
  
Q.醤油や灯油をこぼしたら
こぼした上に、小麦粉、塩、ベビーパウダー、
粉石けん、クレンザー等の粉末をふりかけ
十分液体を吸い取らせてから処理し、その後
かたく絞った布でよく拭いてください。


畳のふき掃除
お部屋の風通しを良くして、雑巾を固くしぼって余分な水分を畳が吸収しないように
してください。特に新しい畳みはヌレぞうきんで拭くと畳が黒ずんだりしますので必ず
乾いたぞうきんで、カラ拭きしてください。
  
畳を上げるときは
畳床のウラ側と床板の同じ位置に(1畳毎に)記号をつけて上げ、敷くときも記号が合う
様に敷いてください。ドライバー(3mm〜5mm)で縁と縁との合わせ目の角から10センチ
ぐらいの所へ差して斜めにして畳を持ち上げてください。
  
畳縁は
最近の縁はほとんどが合成繊維系なので摩擦には非常に
強いし変色も少ないですが、熱には弱いのでアイロンやタバコ
の火には十分注意してください。